5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

仮想通貨とはどんなもの?今の流れは?

ノンカテゴリ

仮想通貨とはどんなもの?今の流れは?
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

仮想通貨がすでに普及し始めているのは、ご存じだと思います。
従来のお金(通貨)という概念が大きく変わってしまう、
という大きな流れが、ここ2~3年の内に急速に広まっていく、
そんな時代に突入しつつありますので、仮想通貨の疑問点についてまとめてみました。

仮想通貨とはどんなもの?

代表的な仮想通貨と言えば、ビットコインが有名ですので、その名前ぐらいは聞いたことがあるでしょう。
その他にも、イーサリアムやリップル、モネロなど数百ともいわれる仮想通貨が流通しています。
ちなみに、日本では「仮想通貨」という表現が一般的ですが、「暗号通貨」が正しい呼び方です。

通常のお金(通貨)と仮想通貨の違い

通常のお金は、
簡単に言うと、政府や中央銀行が、これがお金、と法的に定めたものが「お金」。
いわゆる法定通貨ですね。

世界中の、日本円、アメリカドル、ユーロ、ポンドなどの通貨がこれにあたります。

日本で言えば、日本銀行が発行しているお札や硬貨がお金ですね。

仮想通貨を簡単に一言で表すと、
暗号化の技術によって発行、維持管理されている通貨
ということになります。

お札や硬貨と言った、物体(モノ)としての形を持たない、通貨と言ってもいいかもしれません。

仮想通貨は、お金(通貨)として使えるのか?

答えから言ってしまうと、すでに通貨として使われており、市民権を得ている状態です。
すでに東京では、ビットコインで支払いのできるお店がどんどん増えてきています。

2017年3月10日現在で、ビットコインで支払いに対応井しているのが、
通信販売:35事業者
実店舗:129店舗

一例をあげると、
DVDレンタル、通販、動画配信の DMM.com
総合総合ネット通販サイトの Touch mall
がビットコイン決済にすでに対応しています。

通販大手の、アマゾン、楽天もビットコイン決済への対応を表明しています。
(実は、これ、とても重要な情報です)


その一方で、法的な整備が遅れていましたが、
2016年5月25日に、いわゆる「仮想通貨法」が可決されました。

仮想通貨法の正式な名称は:「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律」

この法律は、
仮想通貨の取引所を登録制として金融庁が監督することで、
仮想通貨における悪用を防止し、安全に仮想通貨を利用できるよう利用者を保護することを目的としているものです。

これまでは、仮想通貨に関する法律がありませんでしたので、仮想通貨は「モノ」として扱わざるを得ませんでしたが、国が正式に「通貨」として認め、安全に利用できるように法的な整備がされた、ということの表れでもあります。

仮想通貨法が施行されるということは、
仮想通貨(暗号通貨)が、正式に「通貨」として認められる、と理解してよいでしょう。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸